>>  ★発声・滑舌セミナー  >>  自分の滑舌の甘さに「気づく」が第1歩 ! -耳を鍛えよう-
08 11
2015

★発声・滑舌セミナー

自分の滑舌の甘さに「気づく」が第1歩 ! -耳を鍛えよう-

すっかり遅くなりましたが、先月、7/20に行なったセミナーのご報告です。

今回は、初めて参加なさった方が多かったので、
「判った気になってて全然違っていた」「目から鱗だった」
というようなご感想をたくさん頂けました。(^-^)

そう言えば、先日の八重洲ブックセンターでのトークイベントでも、
私の講演を聞いてくださったブルーバックスの編集長から、
「本を読むのと、実際に教えていただくのでは、全然ちがいますね。」
というお言葉をいただきました。

そうなんです。
こういう「技術」に関する本は、あくまでも「教科書」…。
本だけ読んで、わかった気になっても、
間違った思い込みで、書いてあることと違うことをしてしまうということは、
本当によくあることなんです。

たとえば、スポーツの技術本。
そのような本を読んだだけで、プロになれる人などいませんよね?

本を読んで、基本的ノウハウを学び、
実際コーチについて実技を見てもらい、
また、本を読んで復習したりしながら、教わったことを自分で何度も反復する…

技術というのは、そうやって、身につくものです。
机の前で本だけ読んで出来るようになるぐらいなら、だれも苦労はしません。

もちろん、教科書は、予習復習の際になくてはならないものです。
いくら「板書」を完璧にこなしても、
やはり、教科書がないと、授業を理解するのは難しいですよね。(笑)

なので私のセミナーに参加する方には、
「本を読んで、予習をしてきてください」とお願いしています。

本を読んで、何となく理解し、吸収しやすくなっている脳と体を事前に作ってもらえれば、
今までの間違った思い込みも比較的簡単に正すことができ、
レッスンの吸収率もぐっとアップします。
実際、本を出す前よりずっと早く皆さんの身につくことを実感しているんですよ。(^^)v

では、
そうやって、ちゃんと予習をしてきてくれた方たちからの感想をご紹介しましょう♪
(8/16のセミナーのご案内は後半に)


発声&滑舌セミナー、とても勉強になりました!
本では分からなかった「笑うツボ」や舌の使い方を、しっかりと理解することができました。
あとは、いつしゃべっても、お腹と舌をちゃんと使えるようになるまで、
家で自主トレがんばります。


息を吸うときに舌を上顎にあんなにくっつけるとは知りませんでした。
専門学校では舌の位置について触れることもなかったので、勉強になりました。
と同時に私は舌の筋力が足りないとわかったので、
筋トレは毎日かかさずにやろうと決めました。


これまでやったことのある発声や滑舌の練習とは全く違うもので、
口の中の科学、目から鱗でした!
私は舌がダラっとはみ出てしまうタイプのようなので、
とにかく舌をきゅっと上顎に吸い付ける練習をしばらくやってみたいと思います。


かねてからの課題であった笑うツボへの力の入れ方、教えて頂いた通り稽古します。
さなえさんにも、コメントして頂いた通り、
首や肩の上半身は、相当脱力出来る様になったと自分でも思います。
あとは、笑うツボだけに力が入り、力強い呼気と声量です。
いつもながら、一瞬にして各生徒の問題点を見抜き、
的確な指導をなさっている姿に舌を巻きました。



何度か参加した事がある発声・滑舌セミナーですが、
母音の舌の位置や、意識する場所など、より、わかりやすく、
「う」「い」の舌がとても作りやすかったです。
また鼻を塞いでの発声には凄くびっくりしました。
今回で、より自分の体や発声について知る事が出来たと思います。
「セミナーで出来る」=「普段の喋りで出来る」ではないので、
普段から意識して行きたいと思いました。


歯並びのご指摘は初めてだったので驚きました。
教えて頂いた『びっくり整体』、『矯正歯科』について教えていただけないでしょうか。
それと、先ずは、しっかり舌を上顎につけるトレーニングから取組みます。


参加して本当によかったです。
やはり、実際に行ってみないと、わからないことが沢山あると思いました…!
さなえさんに指摘して頂くまで、自分が切端咬合だと思っていませんでした。
以前に矯正をしたので、少なくとも歯並びには問題はない、と安心してしまっていました。
滑舌の、「あいうえお」の音の作り方も、
今まで自分のやっていたものとは全く違っていました。
こんなに舌・歯・唇を意識し続けた時間はなかったです。
アクセントは全てが新発想でした。
高低をつける際、100%か0かのように考えてしまっていたので、目からウロコでした。
また、「立て直し」の技も知ることができ、本当によかったです。
技術面でも、意識の面でも、自分の悪い所・甘い所を知ることができました。


初めての参加で緊張していましたが
明るいお人柄と分かりやすい講義で
とても有意義な時間を過ごすことができました。



はじめてお会いするさなえさんは想像以上に優しく親しみやすいお人柄で、
約4時間があっというまでした♪
私はどちらかと言うと感覚だけでは理解しきれないタイプなので、
滑舌やアクセントについて
はっきりとした言葉で解説していただけて、とてもわかりやすかったです。
今までなんとなくでしか掴めていなかったものの正体を
ようやく捕まえられそうな気がします!
今日学んだことを持ち帰ってじっくり身につけていこうと思います。


参加できて本当によかったです。
講義以外にもいろいろとお話を伺うことができて、とても濃い時間となりました。
「アナウンス学校」「びっくり整体」「矯正歯科」の件、教えていただけないでしょうか。
盛りだくさんなお願いで恐縮ですが、
「喋る仕事をする」という自分の目標のために出来ることをやりたいと思いました。


養成所で習った口の動かし方が間違っていたことに衝撃を受けました。
ナレーションも、さなえさんの読み方が手品みたいに変わるので凄く勉強になりました。
今の自分でどこまで出来るか分かりませんが、
今日教えて頂いたことをしっかり復習して訓練していきます。
まずは舌と下唇がダラしなくならないように日頃から意識します。


目から鱗なことばかりで、衝撃を受けました。
また、とても勉強になりました。
本当にありがとうございました。
合同セミナーを受講して、さなえさんの凄さを実感しましたので、
是非リアルレッスンかSkypeレッスンを受けたいと思います。



同じ文章でも聞こえ方が全く違ってくるテクニックに
驚かされると同時に大変勉強になりました。
養成所でのレッスンで
「一つのフレーズの中で小さな山を作らず、立てるところは立てる」
と習ったものの、なかなか理解出来ずにいましたが、
今回教わったもので、ようやく感覚がつかめた気がします。
様々なテクニックを学ばせて頂いたので、
実践できるよう、改めて文章を読む練習をしていきたいです。


お会いするのは初めてでしたが、パワフルでイメージ通りのさなえさんでした♪(^^)
レッスンは、目から鱗でした!
今まで滑舌は口を大きく広げるほどハキハキ聞こえるものかと思いこんでましたが、
イもウもオもみんな同じ幅で発音できることにびっくりしました!
発声は、さなえさんの本を読んで少し練習してきたつもりでいたのですが…
ほんと「つもり」で全然でしたね。。。
そして、文章セミナー!
バラエティのナレーションの読み方がつかめず、学校で行き詰まっていましたが
さなえさんが教えてくださったことを実践できるようになれば
苦手なバラエティーナレーション読みも乗り越えられると希望がもてました。
そして、原稿が与えられたら、まず何をするべきかも改めてわかるようになり、
大きな収穫でした。
これがしゃべりのプロの技なんだ!と思い知らされたレッスンでした。


発声・滑舌を見直したくて参加しましたが、
全く出来ていないことに、かなり打ちのめされました…
舌の使い方が、ほとんどわからない状態で、難しかったです。
文章セミナーは、とてもわかりやくて、気づきもたくさんありました。
昨日のゼミ内容を今後のお仕事に活用していきたいと思います。
また、さなえさんの一生懸命な姿に心が震える思いでした。
いろいろなことを考えさせられる1日となり刺激を受けました。
本当にありがとうございました。


*****

セミナーは、「普段のしゃべりを直したい」という一般の方から、
アナウンサー・ナレーター・声優として活動中のプロの方まで
本当に色々な方がいらっしゃいます。

ですから、どこまで頑張るべきかは、個人個人で違い、
指導法も、一人一人変わります。

最後の感想の方は、プロの方なので、
滑舌については、かなり厳しいところまで求めましたが、
一般の方でしたら、
口をいつでもきちんと閉じていると事と、低位舌を直すこと…
これで、だいぶ聞きやすい音声になってきますので、まずは、その辺の指導から入ります。

アナウンサーでしたら、低位舌を直すだけでは、もちろんダメです
舌の筋トレをして、前位舌まで直さなければ、
「滑舌の悪いアナウンサー」の烙印を押されたままになります。

さらに、「表情や動作でフォローのできない声だけで勝負のお仕事」
…であるナレーターや声優は、子音一つ一つの作り方まで意識して、
舌の幅を常にせまく保つパワーが必要になります。
(なお、キャラが表情を作ってくれる声優より、それすらないナレーターの方が、より、滑舌にはうるさく注文がきます)

ちなみに、滑舌に関しては、聞きとる耳にもレベル差があります。

「自分はそんなに滑舌は悪くない」と思い込んでいる人も、
本当は、単に聞きとれていないだけで、実際はとても悪い…ということはままあります。

ぶっちゃけ、私がそうでした。(笑)

学生時代から、タレント活動をしていて、
当時から、DJとしてお便りを読んだり、料理番組の材料テロップを読んだりと
普通にモノを読んでいましたが、誰も私の滑舌の悪さを指摘しませんでした。
もちろん、自分でもそんなに悪いとは思っていませんでした。

ところが、声優やCMナレーションをスタートしたとたん、滑舌を指摘され始め、
そこでやっと、自分の滑舌の甘さに気がついたのです。

それほど、顔出し(本人のキャラクター勝負)の声と、顔を出さない声とでは、
求める人たちの耳も違ってくるのです。

アナウンサーやイベント司会者、役者上がりの人が、
「年齢が行ったので、顔出しはそろそろ辛いから、声だけのナレーターに」
と思っても、まず、そこでつまづくことが多いというのは、こういうことです。

というわけで、
自分の滑舌の甘さに「気がつく」のが、スタートラインだと思ってください。

そして、もう一つ・・・。

滑舌や発声が良くても、もちろんそれだけでは、ナレーターにはなれません。

たとえば、アナウンサーとナレーターでは、読み方も変わります。

皆さんの感想の中にも
「さなえさんの読み方が手品みたいに変わる」
「同じ文章でも聞こえ方が全く違ってくる」

という驚きの声がありましたが、
本当に、アナウンサーの読みとナレーターの読みは違うんです。
それに気がつかないと、
アナウンサー出身の方でも、簡単にはナレーターになれません。

こちらも、まずは、「聞き取れる耳」が必要になってきます。
自分の読みのどこが、プロのナレーターと違うのか、
「なんとなくわかる」ではだめなのです。
確実に『ここが違う』とわからなければ、直りません。

そして、アナウンサーですら、ナレーターの読みを身につけるのは大変なのですから、
アナウンサー読みすらまだできていない人は、本当に大変です。
そういう大変なことにチャレンジするんだ…という気概を持って挑戦してくださいね。

注:
勘違いされると困るのですが、アナウンサーよりナレーターの方がすごいと言っているわけではありません。
アナウンサーには簡単にできるのに、ナレーターではできないこともたくさんあります。
つまり、同じ「声の仕事」と言っても、その分野分野で必要とされる能力は、違うということなのです

ナレーターと声優 (←この場合は、アフレコに限定して言っています) だって、
やはり、必要とされる能力は違います。
素晴らしいナレーターが、アフレコもうまいとは限りませんし、
超売れっ子の声優がナレーションが得意とも限りません。

そして、その能力は、訓練で身につくものもありますが、天性のものもあります。
だからこそ、私は、声優を目指している人にナレーターを勧めたり、
ナレーターを目指している人に、アナウンサーを勧めたりもするのです。
そうやって、自分の中の能力が一番活かせる場所を見つけ出せれば、
それは、とても幸せなことだと信じています。


☆━━☆.*━.*.━.☆━.*.*☆━━.*.☆━━☆.*━.*.━━.☆

では、セミナーご希望の方は、以下をよくごらんのうえ、お申し込みください。

注※: 前回お申し込みの方は、自動的に次回のご案内もいたしますから
何度もお申し込みなさる必要はありません。
但し、こちらからのご案内に、
半年以上なんのお返事もない方には、ご案内が行きませんので
申込みを再開したい場合は、またフォームからお申し込みください。


セミナー申込みメールフォーム

PC用メールフォーム  ←スマホの方も、こちらで大丈夫だと思います

携帯電話用メールフォーム 
合同セミナー・問い合わせアドレス
ご予約いただいた方には、
セミナー開催日の2週間~10日ほど前に詳細をご連絡いたします。

(フォームからのお申し込みは、あくまでもお知らせの申し込みです。本当のご予約は、詳細お知らせにお返事をいただいて…となります)

★ご注意★
ナレーションゼミ(個人レッスン)をご希望の方は、
お問い合わせメールは別になっています。
詳しくは、HPか、ブログのゼミ概要のページをご覧ください。

☆━━☆.*━.*.━.☆━.*.*☆━━.*.☆━━☆.*━.*.━━.☆

CD付き  人生が変わる 声の出し方 (すばる舎 リンケージ) ¥1600+消費税

本書の目玉は、「下唇のしわしわ力」!!
口は広げるのでなく逆に縮めるべきという画期的な新理論で、
一瞬にして、滑舌良く、通る声になる体験をしていただけます。
そして、アクセントを使った言葉の山のイメージ!!
文字だけの説明では難しいのですが、CD付きなので、楽に理解できます。
他にも、
「喉声の一番原因、首に力が入りすぎている人の対処法は?」
「舌小帯問題はどこまで気にすればいいの?」
「声が通り、滑舌良くしゃべるにはどうすればいいの?」

そんな疑問に、実践的に答えた本です。

本の詳しい内容はこちらをごらんください。

☆━━☆.*━.*.━.☆━.*.*☆━━.*.☆━━☆.*━.*.━━.☆

もう一歩先を学びたい方はこちら !
  「魅せる声」のつくり方¥ 940+消費税 (講談社:ブルーバックス)  
アマゾン-送料無料  紀伊國屋書店-1500円以上送料無料  丸善&ジュンク堂-送料無料

『笑うツボ』『舌の反り』『前位舌』の三大理論を実践と理論の両輪で解説しています。
50音一つずつの舌の位置・形なども、すべてを網羅しています。
また、無声化、鼻濁音、アクセントといった、標準語には必須の要素と、
それらをすべてマーキングした「外郎売」も収録しています。
「人生が変わる 声の出し方」で、よく通る効きやすい声を手に入れた後は、
ぜひこちらで、その上のレベルを目指してください。
特に、声のプロを目指す人には、絶対に必要なことが網羅されていますから、
養成所などに通っている人も、ぜひお読みいただきたいと思います。
すでに、いろいろな声優養成所の先生方も、参考になさってくださっている本です。

本の詳しい内容はこちら
中見せページもあります。

白黒で見辛くなっている写真のカラーバージョンもご用意しました。

「魅せる声」のつくり方-3大新理論があなたの印象を変える-正誤表のページもどうぞ。



・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・

励みにしますので、2ポッチ+解析をお願い♪


人気ブログランキングへ     にほんブログ村 アニメブログ 声優志望へ      blogram解析ボタン

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール



★ボイスサンプルページはこちら★

DJ・タレント・声優・ナレーター・スポーツ実況・司会etc、 声に関するお仕事は、ほとんど何でもやってきました。
2012/12よりフリーになり、主にナレーションのお仕事をしています。


《TV》
【ナレーション】…「お試しか!」 FNSソフト工場出品作品「はじめて代理店」「ご主人、それ間違ってます ! 」 「カラダのキモチ」「サッカースーパーレッスン」 「プロ野球ニュース」 「ミラクル☆シェイプ」 「ぐっともーにんぐ」「ジパング朝6」「就活リサーチ」 「一攫○金!ベガスさま」「ネオハイパーキッズ」他多数
【アフレコ】…「オヨネコぶ~にゃん」「ペットフレンド」「アテネ下町物語」「アドベンチャースポーツ」他多数
《スポーツ》
「夏の高校野球・宮城県大会」「東京六大学野球」「千葉国際駅伝」などの実況 ・「大井競馬中継」「さなえのショウアップナイター・ウオッチング」「めざせ甲子園」(兼ディレクター)、他多数
《CM》
ヨドバシカメラ・山崎パン・大和證券・集英社・モッズへアー・花王・ファミ通・ミラクルスパイス・イセキ農機・大和ハウス・アサヒテック・ことぶきや・学研・ハクビ・ビックカメラ・花王・テラオカ・ドリキャス・アガツマ・ピノチオ・シードコンタクトレンズ、他多数
《その他》
VP・DVD・ネット番組、銀行ATM等機械の声、執筆、教育活動、エッセイ、編集他…

☆━━☆.*━.*.━☆━.*.━*.☆━━☆

***≪書籍≫***

●「魅せる声」のつくり方 ●
---3大新理論があなたの印象を変える---

著:篠原さなえ
(講談社:ブルーバックス)



☆━━☆.*━.*.━☆━.*.━*.☆━━☆

人生が変わる 声の出し方
-----CD付き-----

著:篠原さなえ
(すばる舎リンケージ)

☆━━☆.*━.*.━☆━.*.━*.☆━━☆

篠原 さなえ

Author:篠原 さなえ
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
月別アーカイブ
黒ねこ時計♪

Page Top