>>  ☆ナレーターになるには  >>  ナレーターはフリーでもできるってホント?
07 09
2012

☆ナレーターになるには

ナレーターはフリーでもできるってホント?

ナレーターはフリーでもできると聞いたのですがどうやって仕事をもらうのですか。

今回は、この質問にお答えします。

何度も書いているように、
局のアナウンサー以外のものは、いわゆる個人経営者です。
声優事務所・ナレーター事務所に入ったって、給与は一切ありません。
完全歩合制です。
年収1億の人もいれば、年収ゼロの人もいるということです。
ちなみに、フリーアナウンサー系のタレント事務所も、完全歩合制です。
役者やミュージシャン系のタレント事務所は給与制のところが多いようです。


とはいえ、事務所に入っていれば、仕事のルートは事務所が持っていますから、
相手先に気に入ってもらえれば(仕事ごとのオーディションに受かれば)
お仕事をすることはできます。

では、フリーの場合はどうなるのか…。

簡単な話です。
自分の人脈が、仕事の人脈につながっていればいいのです。

でも、その人脈をどう作るか…それが大問題なわけですよね。(笑)

ではちょっと、たとえ話…。

今あなたが「たこ焼き屋さん」を始めようと考えたとしましょう。
…なぜたこ焼き?という突っ込みは無しでね。

もしあなたが、
「たこ焼きの焼き方、素人とは思えないよね。味も抜群 ! 」
と言われるような能力があり、お店を始めれば、人気店間違いなし !
という自信を持っていたとしましょう。

でも、たこ焼きの腕だけですぐに店を始められるわけではありませんよね。

まず、お客が入りそうなお店の場所の確保が必要です。
自己資金がなければ、どこかで資金を調達しなければなりません。
また、たこ焼き用の機械をどこで購入するか知っていますか?
原料のたこや粉をどうすれば安く安定的に仕入れられるでしょうか?

ご自宅や親せきが商売をしていれば、
それら人の繋がりからある程度知ることはできるかもしれませんが
サラリーマン家庭の人は、なにも判りませんよね。

そういう事を全部ひっくるめて、ある程度指南してくれるところ…
そして、それらへつながる人脈を持っているところ…
専門学校や養成所というのはそういう意味合いがあります。

そして、ナレーター志望の人が「声優養成所・声優専門学校」に行った場合ですが、
たしかに「ナレーションに強い声優事務所」という人脈は用意されています。
受かる受からないは別としてね。(;^_^A

ただし、それ以外の「個別の人脈」はあまりありません。

なぜ、そういうことになるかというと、
「声優養成所・声優専門学校」がメインで育てている
アニメや洋画などのお仕事の「ある特質」が関係しています。

その特質とは、「一つの番組に必要な人数が多い」ということです。

アニメや洋画のアフレコに必要な声優を必要とする制作者サイドは、
出演者を決めるにしてもオーディションをするにしても、
個別に声をかけるのは大変なので、普通は
事務所に一括で仕事の発注やオーディション情報を振ります。

ですから、よほど有名で、『この人でなければ』と思われる人でない限り
声優(アフレコ)の仕事は、事務所に所属していないとなかなか出来ず
よって、声優になりたい人たちが欲しいのは
声優事務所へのルートということになる訳です。

必然的に、声優の養成所はその事務所への人脈、
専門学校が持っている人脈は、
生徒を所属させられそうな「養成所」や「事務所」になります。

そう、「声優」ではなく「ナレーター」を第1目標にする場合、
「ナレーションに強い事務所」に入れればいいですが、そうでない場合、
フリーでやりたいと思っても、ナレーションの仕事に直接つながる人脈は、
声優養成所や声優の専門学校では、ほとんど期待できないというわけです。

もちろん、業界はすべてどこかでつながっていますから、人脈ゼロとは言いませんよ。
ただ、どうしても、事務所がらみの人脈の傾向が強くなるために、
フリーでナレーターを目指す人にとって有用な人脈の絶対数が少ないであろうという意味です。


と、ここまで理解してもらったところで、
話を「なぜナレーターの仕事はフリーでも取れるのか」
というところに戻しましよう。

1つの番組内で使うナレーターの数を考えてみてください。
アニメなどに比べてはるかに少ない…ですよね。

番組のナレーターは、たいてい1人、多くても2~3人です。
(ニュース枠などだと5~6人ぐらいいることもありますが。)

また、企業VPのナレーションなどでは、
ナレーター2人態勢などというのはほとんど聞いたことがありません。

つまり、誰か1人、ナレーターを見つければ、
それで、たいてい事足りるわけです。
となれば、制作サイドも、知り合いに「うまい人、使える人」がいれば、
その人にダイレクトにお願いしちゃうこともできるわけです。

だからこそ、
ナレーターは、フリーでやっていける道もある
ということなのです。

ではその、製作者側がたよるちょっとした知り合いとは、
どういう人たちでしょうか?

それは、その制作をしているスタッフの仕事仲間だったり、
イベント関係の会社の人だったり、
レーベル(レコード会社)の制作担当者だったり
広告代理店の人だったり、
スタジオの人だったり、音響さんだったり…。
ナレーター本人に「誰かいない?」と聞くことすらあります。

つまり、業界にちょっとでも関係のある場所に知り合いがいれば、
そこから話がつながる可能性があるわけです。

では、そんな業界につながりのある人脈を持っている学校とはどこでしょう?
それは、
アナウンサー系
タレント系
音楽系
どんなところにでも、本人がその気になればたくさん転がっています。
なぜなら、これらの仕事も、
声優関係とは違い、少人数いれば事足りることが比較的多い仕事なので
個人的な人脈がたくさんあるのです。

また、役者系も、
舞台を見に来た関係者に気に入られ…などという事をよく聞きます。

ディレクター・ミキサー・イベンターなどを養成する技術系の学校だって
人脈という意味ではたくさんあると思います。
(アーティストが珍しい分、目立つという利点すらあります。)

私自身の事で言えば、
大学に行きながら通っていた夜間のアナウンサー系の専門学校で
ホールDJや、ショーの司会・地方のCMナレーションなど
ちょっとしたお仕事のオーディションを紹介してもらい、
上手く受かったところから、徐々に口コミ的に人脈が広がっていきました。

具体的にはこんな感じ…
●ホールDJ(結構大きなホールだったので、評判になり)
→各地のイベントスペースのDJ→東京FMのDJオーディションに抜擢(デビュー)
●ショーの司会→別のイベント会社とつながりが出来る
→イベント用VPなど長いナレーションを読むきっかけとなる

また、仕事を始めてから通い始めた声優の先生のレッスンで
月1回、朗読会があったのですが、
そこに聞きに来てくれていた先生のお仕事関係の知り合いの人からも
よくお仕事をいただきました。

そして女性としての最初の「実況アナウンサー」になれたのは、
そもそも、アナウンサー系の学校時代の先生が、
3年ぶりぐらいにいきなり連絡をくれ
野球選手のオフのラジオの番組のアシスタントを世話してくれた事が始まりです。

その後、
野球の実況アナウンサーを探していたディレクターに
同じナレーター仲間の男性が
「自分は野球はわからんが、女でよければ詳しい奴がいる」と、
ふってくれ、しかもタイミングよく、
その会社の別件のオーディションを直前に受けていたので、
ダブルの知り合いということで
そんなあり得ないような話がとんとん拍子に通ってしまったのです。

ね、人脈って、みんなつながっているでしょう?
これらは、すべて、フリーで活動していた時のお話ですよ。
けっして事務所に所属していたわけではありません。
(仕事が決まってから、その仕事のために事務所に所属したことはありますが)

しかし、勘違いしないでもらいたいのは、
人脈というのは、お仕事に直結している人だけを指すのではないということです。

例えば学生時代の同級生や、
スポーツなどの仲間や、色々な趣味の仲間、
職場の同僚、営業先の会社の人…などなど、
どこにどんな人脈がつながっているかなんて、
だれにもわかりません。

そして、はっきりしていることは、
仕事の匂いのしそうな人とだけ、もの欲しそうに付き合うような人には、
ろくな人脈は出来ないということです。

でも本気で人と付き合っていれば、
ひょんなところから話はつながります。

後輩、生徒さんの具体例では、
芸能活動には関係のない普通のお仕事の関係者、
音楽やお芝居、スポーツなど趣味的活動時の仲間、先輩、
学生時代の恩師
同級生・先輩・後輩・幼馴染
はては、彼女の親族(笑)
飲み屋での知り合いすら、お仕事への人脈とつなげた人もいます。

ですから、
「人とは本気で付き合う」&
「恥ずかしがらずに自分が今やろうとしている事を話す」
という態度で普段から過ごしていれば、
どこかで誰かが気がついてくれる事があるということです。

そう、「願いは口に出した方が叶う」というのは、
単なるおまじないではなく、
そうやって真摯に生きていれば、どこかで誰かが聞いているよ…
ということだと私は思っています。

でもね、こういうことを書くと、何の努力もしないで
やりたいやりたいって「言うだけ小僧」になる輩が出てくるので
一応注意しておきますが、
「願いは口に出した方が叶う」のは、
口に出しても恥ずかしくないと思えるだけの努力をした人だけですよ。

努力もしないで望みがかなうほどの大天才なんて、
世の中にはほとんどいません。
「何の努力もしてません」なんて言ってる人の言葉をうのみにしちゃダメよ。(笑)

そうそう、ついでに言うと、
「負けず嫌い」というのは
「負けるのが嫌だから、負けないように頑張り続ける
という人を言うのであって、
「負けるの嫌い。相対的にみんなが自分より下でいてくれれば、それでいい」
という意味ではありません。

そんな意味で言ったら、人間みんな負けるのは楽しくありませんから、
世界中、負けず嫌いだらけになってしまいます。

「負けず嫌い」とは、負けない努力をしている人にだけ許される言葉ですから、
間違えないでくださいね。

・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・

励みにしますので、2ポッチ+解析をお願い♪


人気ブログランキングへ     にほんブログ村 アニメブログ 声優志望へ      blogram解析ボタン



関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール



★ボイスサンプルページはこちら★

DJ・タレント・声優・ナレーター・スポーツ実況・司会etc、 声に関するお仕事は、ほとんど何でもやってきました。
2012/12よりフリーになり、主にナレーションのお仕事をしています。


《TV》
【ナレーション】…「お試しか!」 FNSソフト工場出品作品「はじめて代理店」「ご主人、それ間違ってます ! 」 「カラダのキモチ」「サッカースーパーレッスン」 「プロ野球ニュース」 「ミラクル☆シェイプ」 「ぐっともーにんぐ」「ジパング朝6」「就活リサーチ」 「一攫○金!ベガスさま」「ネオハイパーキッズ」他多数
【アフレコ】…「オヨネコぶ~にゃん」「ペットフレンド」「アテネ下町物語」「アドベンチャースポーツ」他多数
《スポーツ》
「夏の高校野球・宮城県大会」「東京六大学野球」「千葉国際駅伝」などの実況 ・「大井競馬中継」「さなえのショウアップナイター・ウオッチング」「めざせ甲子園」(兼ディレクター)、他多数
《CM》
ヨドバシカメラ・山崎パン・大和證券・集英社・モッズへアー・花王・ファミ通・ミラクルスパイス・イセキ農機・大和ハウス・アサヒテック・ことぶきや・学研・ハクビ・ビックカメラ・花王・テラオカ・ドリキャス・アガツマ・ピノチオ・シードコンタクトレンズ、他多数
《その他》
VP・DVD・ネット番組、銀行ATM等機械の声、執筆、教育活動、エッセイ、編集他…

☆━━☆.*━.*.━☆━.*.━*.☆━━☆

***≪書籍≫***

●「魅せる声」のつくり方 ●
---3大新理論があなたの印象を変える---

著:篠原さなえ
(講談社:ブルーバックス)



☆━━☆.*━.*.━☆━.*.━*.☆━━☆

人生が変わる 声の出し方
-----CD付き-----

著:篠原さなえ
(すばる舎リンケージ)

☆━━☆.*━.*.━☆━.*.━*.☆━━☆

篠原 さなえ

Author:篠原 さなえ
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
月別アーカイブ
黒ねこ時計♪

Page Top